クレジットカード 審査

更新日:2015/02/28

現在日本では、クレジットカードの種類は、審査に甘いものから最強といわれるほど難しいものまで、段階別に何万にものぼる数があると言われています。カード社会の現在、クレジットカードは必要不可欠なものになりつつあります。クレジットカードの審査を通して利用したい人の数も、増え続けていますが、落ちる人が多いのも事実です。

■クレジットカード審査を通過しない?よく指摘されていますが、3つほどポイントがあるようです。・カード会社最大のポイントは、回収の確信を得ること。利用者の返済能力が審査されるので、安定した一定の収入が認められることが条件。・忘れてしまいがちな、クレジットヒストリー。過去に金融関係で遅延や延滞などがあれば、個人信用情報機関にその経歴は保管され、審査の際には見逃されません。・申込み時の書類不備が以外に多いようです。空欄のままだったり、数字や文字のミスなど、審査が進められなくなれば、それまで。丁寧に記入することが求められます。審査を通過するには、ご自身のステージを認識しながら難易度と照らし合わせていく必要があるようです。

■クレジットカードカードの分類は?難易度は、カードを発行しているカード会社の系統で、だいたい分類されているようです。・銀行系カードは、社会的なステータスが大きく、究極の難関カード、と称されたりしています。・信販系カードは社会人が利用しやすいのが特徴。・流通系カードは、社会人、主婦などのユーザーが多い。・消費者金融系カードは、メインがキャッシング。それでも、クレジットカード機能は最低限備わっているようです。



即日発行のクレジットカードを初めて作った時のこと


以前、どうしても家で仕事をするためにパソコンを買わなくてはいけないということがありました。その時は会社に入社したての新入社員で貯金もありませんでした。クレジットカードを作るにも時間がかかりますし審査も新入社員ということで厳しいかなと思っていた時に友人に勧められたのが即日発行できるクレジットカードの存在でした。そのカードは、消費者金融のクレジットカードでした。はじめは消費者金融というだけでイメージもあまり良くなく、躊躇するところがありました。しかし、急いでパソコンを購入しなければいけないということと、友人が作ってみて便利だという話を聞くうちに作ってみようと思いました。当時、無人契約機が主流で私もそれを利用してカードを作りました。勤めている会社や個人情報などを記入するとそれを元に会社への在籍確認などをその場で行ってくれます。その時は、正直ドキドキしていました。審査が通らなかったらどうするか、会社へバレるのではないか、など不安がありましたが思っていたよりもあっさりと審査がとおりその場でカードを即日発行してもらうことができました。お金を借りてしまうと他の事にも使えてしまうので、自分を甘やかさない為にもクレジットカードとしてお店で利用する事にしました。お店では普通のカードとしてもちろん利用する事が出来ました。当時パソコンは高いものでしたが、返済も自分のペースで無理する事なくきっちり返す事ができました。計画的に使えば、無理なく返済もできとても便利に利用する事ができるので作ってみて本当に助かりました。

所得証明書不要のクレジットカードを発行